• 散骨は法律的にはどうなのか

    • 散骨とは墓石を作らず遺骨を山や海に撒き、最終的には自然と一体となることを望んだ自然葬の一種です。具体的には遺骨をそれと認識できないほど小さく粉砕し、パウダー状にしたものを山や川や土地、海などに撒くものです。散骨が葬儀に関する法律に触れるのではないかと危惧する方もいらっしゃるかもしれません。
      墓埋法として、墓地、埋葬等に関する法律で、埋葬または焼骨の埋葬は墓地以外の区域にこれを行ってはならない。



      というものと、死体、遺骨、遺髪または棺に納めてあるものを損壊、遺棄、または領得した者は三年以下の懲役に処す。
      というものです。

      今よりも朝日新聞デジタル情報サイトの利用価値をご存知ですか。

      この二つに山や川や土地、海に撒くという行為が遺棄にあたるのではないかということと、遺骨をそれと分からないほど小さくパウダー状に粉砕するという行為が損壊にあたるのではないかということが懸念されます。

      散骨自体は1990年から行われ始めましたがそれまではされていなかった為、マニュアル自体は存在しないのです。
      そのためとてもグレーゾーンな葬儀方法です。
      これにた対して厚生省生活衛生局は、散骨のような葬送を想定していないので対象外。
      とし、法務省も、葬送の為の祭祀で節度を持って行われるかぎり問題外。



      としています。


      ですのでグレーゾーンではあるけれど、違法ではないという事です。ただ、散骨する場所には注意が必要で、近隣住民や漁業関係者の心情や風評をしっかりとケアできる所を選ぶべきです。

      業者に頼む場合は大丈夫ですが、個人的に行う場合は法律にふれていなくても、トラブルが起きて訴えられたら故人との最期のお別れが台無しになってしまうので細心の注意を払いましょう。

  • 身に付けたい知識

    • 散骨を行う際の注意点

      散骨は違法ではありませんが、死体等遺棄罪や墓地・埋葬等に関する法律などがあるため、節度をもって行う必要があります。散骨での節度をもってという場合は、骨を遺骨とわからないような状態にすることも意味されています。...

  • 社会の事柄

    • 散骨するときの注意点

      最近注目されている散骨は、違法ではありません。ただ、死体等遺棄罪と墓地・埋葬等に関する法律では、遺骨を遺棄すると、3年以下の懲役刑となってしまいますから、散骨をする際には、遺骨を粉末化することが必要となります。...

  • 予備知識・ためになる情報

    • 散骨のメリットとデメリット

      代表的な散骨のメリットは墓にかかる料金が生じない事です。そもそも散骨に関する費用は大体墓石を建てる費用の十分の一以下の安さでありますが、その後に発生する墓石の維持費や霊園への管理料金などを支払う必要がないことが最大のメリットといえます。...

    • 散骨を希望している方へ

      自分が死んだ後にお墓に入りたくない方や、もしもお墓を建てたとしても子どもがおらず、お参りに来てくれる人がいないなど様々な理由でお墓を建てられない方はいるのではないでしょうか。合同墓や永代供養といった選択肢もありますが、今は散骨という選択肢もあります。...